エレクスフィア

エレクスフィアは半導体ポリマーナノ粒子の水溶性インクで、空気中で基板上に印刷できます。ディスプレイや照明、太陽電池、センサーの活性層として利用できます。


エレクトロニクス

エレクスフィアは半導体ポリマーナノ粒子の水溶性インクで、空気中で基板上に印刷できます。印刷後、アニーリングにより、半導体ポリマーの性能を向上させることができますが、エレクスフィアを使用した場合、通常のポリマーと比べてアニーリングの制御性がよくなります。

Semi-condoctor2

検出

エレクスフィアは半導体ポリマーナノ粒子の水溶性インクで、空気中で基板上に印刷できます。エレクスフィアはトランジスターの活性層として作用し、センサーとして作動します。硬い基板やフレキシブルな基板を選択できます。印刷後、アニーリングにより、半導体ポリマーの性能を向上させることができますが、エレクスフィアを使用した場合、通常のポリマーと比べてアニーリングの制御性がよくなります。

Detection2

太陽電池

エレクスフィアは半導体ポリマーナノ粒子の水溶性インクで、空気中で基板上に印刷でき、太陽電池を作成することができます。エレクスフィア太陽電池用塗料は、n-型とp-型半導体ナノ粒子から構成されていて、空気中で基板に溶液を塗布後、アニーリングすることにより太陽電池として作動します。硬い基板やフレキシブルな基板を選択できます。